大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カイドウ タカノブ
  開道 貴信   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  脳静脈潅流障害下での脳外科手術 -間欠的圧負荷における脳保護の効用-
■ 概要
  静脈潅流障害下での圧迫は虚血に陥り組織傷害を引き起こすため危険である。この障害を食い止めるため圧迫時間を分割する間欠性圧迫を検討した。Wistarラットを用いた。間欠的等尺性圧迫が圧迫解放後の脳血流の回復を早くし脳組織傷害を軽減されることが証明された。担当:実験全てと指導下での執筆で90%を担当した。
  開道貴信、永田清、大塚博之、中瀬裕之、榊寿右
  共著   静脈学   11,241-6頁   2000/10