大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カイドウ タカノブ
  開道 貴信   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Radiosurgery-induced brain tumor.
■ 概要
  脳内動静脈奇形を有する少年に定位放射線治療がなされ6年後に同部から悪性脳腫瘍が発生し死に至った例を経験した。こうした例は過去にはないが論理的に放射線副作用と断定できる。担当:治療担当、論文執筆で90%の貢献度を呈した。
  T. Kaido, T. Hoshida, R. Uranishi, A. Akita, N. Kotani, N. Nishi, T. Sakaki
  共著   J Neurosurg   95,710-713頁   2001/10