大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カイドウ タカノブ
  開道 貴信   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Hyperkinetic movement disorder in a child treated by globus pallidus stimulation
■ 概要
  過運動の不随意運動小児患者において両側GPiの試験刺激では不随意運動の頻度と運動量の減少が認められた。担当:診療、論文で30%担当した。
  Sato K, Nakagawa E, Saito Y, Komaki H, Sakuma H, Sugai K, Sasaki M, Kaido T, Nakama H, Otsuki T.
  共著   Brain Dev. Jun   31(6),452-5頁   2009/06