大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カイドウ タカノブ
  開道 貴信   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  トゥレット症候群に対する脳深部刺激療法.
■ 概要
  1)難治性トゥレット症候群に対するDBSは、文献的に63例報告されており、本邦においても施行されている。本治療法はチック症状の改善に有効との報告が多い。2)刺激部位は視床、淡蒼球、内包前脚・側坐核などである。担当:全てを担当した。
  開道貴信、大槻泰介、高橋章夫、金子裕
  共著   臨床脳波   52(2),101-105頁   2010/02