大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カイドウ タカノブ
  開道 貴信   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Imbalance of interneuron distribution between neocortex and basal ganglia: consideration of epileptogenesis of focal cortical dysplasia.
■ 概要
  皮質異形成では良好な発作予後を得るためにしばしば多葉離断、深部切除など広範な手術を要する。我々は機能画像を駆使し皮質のみならず深部白質や大脳基底核のを含む広範な切除で発作を改善させた。介在ニューロンは正常と比べ皮質に少なく基底核に多く見られた。担当:診療、論文の30%を担当した。
  Sakakibara T, Sukigara S, Otsuki T, Takahashi A, Kaneko Y, Kaido T, Saito Y, Sato N, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Goto Y, Itoh M.
  共著   J Neurol Sci.   2012 Dec 15;323(1-2),128-33頁   2012/12