大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カイドウ タカノブ
  開道 貴信   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Long-term developmental outcome after early hemispherotomy for hemimegalencephaly in infants with epileptic encephalopathy.
■ 概要
  片側巨脳症の乳児てんかんにおいて想起に半球離断を行った後の予後について検討した。発作が改善した例では発作が改善しなかった例に比べて発達指数の増加が見られた。また手術までの罹病期間が短いと発達予後がより良いことが判明した。担当:診療、論文指導の50%を担当した。
  Honda R, Kaido T*, Sugai K, Takahashi A, Kaneko Y, Nakagawa E, Sasaki M, Otsuki T: (*: corresponding author)
  共著   Epilepsy Behav   Oct;29(1),30-5頁   2013/10