大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カイドウ タカノブ
  開道 貴信   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Vertical parasagittal hemispherotomy for Sturge-Weber syndrome in early infancy: case report and literature review.
■ 概要
  Sturge-Weber症候群(SWS)の半球性病変で出生時より難治性てんかん発作を呈する3か月児にたいし、半球離断術垂直法にて安全に手術し、発作は消失し、術後発達も回復した。同症例は同手術最年少であるが、必要があれば早期手術を行うことで良好な予後が得られる。担当:診療、論文の30%を担当した。
  Liu X, Otsuki T, Takahashi A, Kaido T*.:(*: corresponding author)
  共著   Springerplus   2016 Aug 30;5(1),1434頁   2016/08