大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ミワ タカシ
  三輪 孝士   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Association between appetite-related hormones and sleep in general population
(学位論文)
■ 概要
  一般住民573名の食欲調整ホルモンのレプチン,グレリンを測定し,睡眠の質(ピッツバーグ睡眠質問票)および時間との関係を調査・検討した。結果,睡眠の質と時間の関係は,時間が短いほど質が悪い傾向がみられた。BMI 25kg/m2未満の閉経後女性でのみ,睡眠時間が短いほど,睡眠の質が悪いほど,グレリン濃度が高値であった。この傾向は男性と閉経前女性ではみられなかった。閉経後女性の睡眠不足は食欲を増進させて肥満のリスクとなる可能性が考えられた。しかし,BMI 25kg/m2を超えると睡眠不足によるグレリン分泌増加は肥満によるフィードバックを受けて抑制される可能性が考えられた。
(2015;25巻に掲載予定)
担当部分:研究デザイン,調査・測定の実施,論文執筆

  三輪孝士, 高橋一平, 西村美八, 岩間孝暢, 工藤 久, 甲斐知彦, 飯塚浩史, 糟谷昌志, 浜野 学, 中路重之
  共著      2014/12