大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ミワ タカシ
  三輪 孝士   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  筋ジス患者を対象とする行事食 実態調査
■ 概要
  入院療養中の進行性筋ジストロフィー患者にとって食事は,患者が生涯病院内で生活を続けることを考えると社会教育や食知識を与える場であり,患者の療養生活において重要な楽しみの一つでもある。このことから,毎日の食事と行事食(季節や行事に見合った食事内容)での摂食量の違いを調査し,クオリティーオブライフ(QOL)を高める一因になるか考察した。毎日をベッド上で過ごす患者にとって行事食は,食事への関心と自身の食事量増加のための動機付けを与えるためにも有用であることが示唆された。
担当部分:該当病院の調査とデータ解析,及び論文執筆を担当

  姜 進,三輪孝士,田中本子,藤田清治,熊谷正人,木村 恒,国立療養所筋ジス栄養研究会
  共著   平成4年度厚生省神経疾患研究委託費筋ジストロフィーの療養と看護に関する総合的研究(班長:飯田光男)研究成果報告書   247-249頁   1993/03