大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ミワ タカシ
  三輪 孝士   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  暑さに負けない食事の工夫
■ 概要
  在宅酸素療法を行っている患者は,夏時期には暑さのために食事量が減るという傾向がみられる。食事量が減り,その結果,栄養状態が低くなると患者の療養生活に影響を与え,QOLの低下につながることが示唆される。これより,暑さに負けない食事の工夫と料理方法などについて,患者にとってできるかぎり理解し易いようにイラストを多用した冊子を作成し,訪問看護や栄養指導に利用できるよう示した。
  三輪孝士
  単著   HOT   帝人株式会社 学術部門,東京   (第17号),2-5頁   1998/06