大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ミワ タカシ
  三輪 孝士   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  在宅酸素療法中の慢性呼吸不全患者に対する継続的な訪問看護と食事指導の効果
■ 概要
  やせが多く見られる慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者40名に対し,管理栄養士による栄養教育及び医師,訪問看護ステーション看護師とチームを組み連携しながら1年間継続した生活指導をすることで,栄養状態の維持,患者のQuality of Lifeの向上を目的とした介入研究を行った。介入開始時と1年後の身体計測値と生化学的指標に有意な改善が認められた。介入以前と訪問期間中と比較して,入院日数や回数が減少した。年間を通じて継続した栄養教育は,患者の自己管理能力向上につながり,家族の協力と併せて信頼関係を得たことによるものと考えられた。
担当部分:栄養状態評価項目の調査とデータ解析,栄養教育と食事指導,及び論文執筆を担当

  三輪孝士,南 久則,金森葉子,小崎洋子,黒田和子,川瀬一郎,木村謙太郎
  共著   日本病態栄養学会誌   第3巻(2号),141-146頁   2000/11