大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  スギタ ケイコ
  杉田 慶子   学芸学部 化粧ファッション学科   教授
■ 標題
  大正時代の『三越』からみた七五三用の子供服について
■ 概要
  大正元年から11年の三越呉服店発行の月刊カタログ『三越』に紹介されている、七五三用子供服を男女別にし、それぞれの形・材質・色・サイズ・価格について考察した。その結果、紹介されていたスタイルはどれも上品、シンプル、落ち着きのあるといった表現が当てはまった。大正元年から七五三用子供服が紹介されていたが、まだまだ着物姿が大半を占めていた時代であり、その中で洋服の持つ合理性、活動性、機能性に着眼した人々に受け入れられたのではないかと考えられた。
  単著   樟蔭東女子短期大学研究論集   (第7号),59-66頁   1996/09