大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  タカタ サダキ
  高田 定樹   学芸学部 化粧ファッション学科   教授
■ 標題
  空間分解反射光計測に基づく皮膚のふく射物性の推定
■ 概要
  日本機会学会講演論文賞受賞対象論文
日本機械学会 熱工学部門 講演論文賞 2007年3月31日

皮膚の光伝播は減衰係数、アルベド、散乱位相関数によって特徴付けられる。本論文では特に重要な減衰係数とアルベドの物性値をマルチスリットマスクを透過させた光を皮膚上に投影し縞状の明暗像を結像させる。この皮膚により反射された光の空間分布を基礎データとして逆解析を通じて光伝播の特性を推定するものである。この計測においてCCDカメラを用いた反射光の空間分布と波長依存性を同時に計測できる装置を開発に関する講演に対して受賞。

  山田純,安炳弘,有田悠一,三浦由将,高田定樹
  共著   熱工学コンファレンス2006講演論文集   369-370頁   2006/11