大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  コバヤシ マサシ
  小林 政司   学芸学部 化粧ファッション学科   教授
■ 標題
  分散染料によるナイロン繊維の泡沫染色に関する研究(第2報)-基質形態が泡沫染色における液流に及ぼす影響-
■ 概要
  分散染料(C. I. Disperse Violet 1)によるナイロン6の泡沫染色において発生する基質周囲の液流が基質形態によりどのような影響を受けるのかをNewmanの式を用いて求めた拡散の境界層の厚さを指標にして検討を行った。
泡沫染色における拡散の境界層の厚さが基質形態により異なることから,プラトー境界の移動は布状基質の表面およびそれを構成する糸の表面における液流に大きな影響を与えると判断される。また糸を構成する単繊維周囲の液流については排液作用による液流が重要となると予想した。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能(研究計画,総括担当)

  分担執筆:小林政司,北村淑子,皆川 基
  共著   繊維製品消費科学   33巻(12号),642-648頁   1992/12