大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  コバヤシ マサシ
  小林 政司   学芸学部 化粧ファッション学科   教授
■ 標題
  分散染料によるナイロン繊維の泡沫染色に関する研究(第4報)-空気流量と各種泡沫物性との関係-
■ 概要
  分散染料(C. I. Disperse Violet l)によるナイロン6布状基質の泡沫染色において,泡沫形成時の空気流量が,泡沫の流動速度,泡沫中の染料濃度,泡倍率,気泡の平均直径,気泡の移動数など,泡沫の各種物性におよぼす影響を調査し,拡散の境界層の厚さや平衡染着量を指標とした染色性との関係について検討した。
結果より,空気流量の増加は,プラトー境界の移動速度と移動数の増加という泡沫染色に有利な相乗効果を生み,その増加とともに急激に拡散の境界層の厚さを減少させると考えられる。
泡沫染色において,空気流量を増加させることは,平衡染着量に影響を与えることなく,基質表面における液流を活発にするため,染色性の向上にきわめて有効な手段といえる。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能(実質大半担当)

  小林政司,皆川 基
  共著   繊維製品消費科学   36(8),535-539頁   1995/08