大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  コバヤシ マサシ
  小林 政司   学芸学部 化粧ファッション学科   教授
■ 標題
  太繭生糸への撚り掛けが染色性と染色による光反射特性に及ぼす影響
■ 概要
  絹繊維の新たな用途開発を目的として,絹の繭から繰糸した生糸に撚り掛けを行い,絹糸ならびに絹織物の染色性と染色による反射特性に及ぼす影響について検討した.酸性染料の染色性(染着率)には,生糸への撚り掛けの影響は認められなかったが,撚り掛け数の増加は反射強度を低下させる.したがって,生糸への撚り掛けは,男性衣料などの用途に応じた光沢の制御という目的に適する方法であることなどが明らかとなった.


担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  李 沅貞,庄司孝太郎,佐藤昌子,小林政司,高橋重三
  共著   繊維製品消費科学   50(12),637-645頁   2009/12