大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  コバヤシ マサシ
  小林 政司   学芸学部 化粧ファッション学科   教授
■ 標題
  WMS試験布による洗濯作用力評価-ターゴトメータによる試験布の基本性能の評価-
■ 概要
  WMS試験法は洗濯作用力を評価する新しい評価法である.この試験法に用いるWMS試験布の基礎的性能を評価するため,かくはん型の洗浄試験機であるターゴトメータ(Terg-O-Tometer)を使用して洗浄実験を行った.試験は,WMS試験布を負荷布に縫合することなくそのまま用い,反転数,洗浄時間,洗剤の有無および種類,温度などについて各種条件のもとで行った.
その結果,WMS試験布は,①従来のMA試験布に比し弱い洗濯作用力にも対応していること,②洗剤の種類やその有無に関しては60 min程度の長時間洗浄でわずかに差が認められたものの,30 minまではその影響が小さいがこと,③80 ºC程度の高温では過大評価される傾向があるが,中低温域ではその影響がほとんど無いことなどが明らかになった.したがって,WMS試験布は中低温の一般的な洗浄条件のもとで,比較的小さな洗濯作用力も含めた測定に有用であると結論付けることができる.

  単著   繊維製品消費科学   日本繊維製品消費科学会   52(7),444-450頁   2011/07