大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  コバヤシ マサシ
  小林 政司   学芸学部 化粧ファッション学科   教授
■ 標題
  迷彩柄の応用に関する研究―デザイン作業およびプレゼンテーションにおける背景画像として―
■ 概要
  迷彩柄は,自然の環境を象徴する優れたデザイン性と色彩調和を有しているものが多く存在するものの,残念なことに,しばしば戦場で使用されるためにマイナスのイメージが非常に強いというのが現状であろう.そのような迷彩柄の平和利用の一環として,デザイン作業の背景として用いることを提唱する.こうした柄と色彩を有する背景は,特に実践的なカラースキームの決定を行う場面で効果的であると予想される.実践的な試みとして,本報告では太子山向原寺(明日香村)において行われた芸術祭Soul of Asuka 2011に使用する提灯のデザイン作業時に迷彩柄の背景を応用した.また,屋外での展示を前提とした作品を屋内で展示する際の背景用に迷彩柄のデザインを行った.
  単著   大阪樟蔭女子大学研究紀要   大阪樟蔭女子大学   3,225-230頁   2013/01