大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ネモト マユミ
  根本 眞弓   学芸学部 心理学科   准教授
■ 標題
  [翻訳] D.W.Winnicott 赤ん坊と母親 Babies and their Mothers (ウィニコット著作集,第1巻)
■ 概要
  イギリス対象関係論、独立学派中核の精神分析家であり、小児科医であるウィニコットが、BBC放送で一般の聴衆にむけて講演した内容がまとめられている。赤ん坊にとって、生物学的・心理学的に最初の環境である母親の関わりについて、「原初的母性的没頭」「普通の献身的な母親」「ほどよい母親」といったキーワードを基に、子どもの情緒発達における母子関係の重要性について論じている。また、赤ん坊が母親からholdingされるためには、母親自身が環境からholdingされる必要があることも強調しており、全体的に母親への温かいまなざしが貫かれている。
(全体を通して共同で翻訳したため、担当部分抽出困難。あとがき部分は担当。)

  共訳:成田善弘・根本真弓
  共著   岩崎学術出版      1993/04