大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  サカタ ヒロユキ
  坂田 浩之   学芸学部 心理学科   准教授
■ 標題
  不登校の思春期女子の事例
■ 概要
  著者が心理療法家として関わった,不登校状態にある思春期女子とのカウンセリングの約1年半のプロセスを呈示し,セラピストとの関係性を形成し,語りを展開させていく中で,この女の子が自己の内面を見つめて,無意識的だった自己の経験や感情を深くさぐっていく様子と,その作業において紡ぎ出された体験世界やイメージを具体的に記した。そして,自己を主体的に生きていこうとする時,秘められていた攻撃性や怒りといったものに気づき,これらを自分のものとして引き受けていくことが求められることを論じた。
  単著   臨床心理事例研究-京都大学教育学部心理教育相談室紀要-   京都大学教育学部心理教育相談室   (第24号),208-215頁   1998/03