大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  サカタ ヒロユキ
  坂田 浩之   学芸学部 心理学科   准教授
■ 標題
  母親から暴言・暴力を受けている女の子とのプレイセラピー
■ 概要
  著者が心理療法家として関わった,母親から暴言・暴力を受けているということで来談した女の子とのプレイセラピーの,中断によって終了するまでのプロセスを呈示し,心理療法の場でこの女の子が自己の存在価値を実感しようと表現し,セラピストと関わり合う姿を描き出した。また,筆者がこのセラピーのテーマについて,セラピーの開始時に,途中で,そしてセラピーを終えてから,どのように見立てていったかを論じ,中断に至った一要因としての治療構造についても考察した。
  単著   臨床心理事例研究-京都大学教育学部心理教育相談室紀要-   京都大学教育学部心理教育相談室   (第26号),69-76頁   2000/03