大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  サカタ ヒロユキ
  坂田 浩之   学芸学部 心理学科   准教授
■ 標題
  女子大学生にとっての「不思議なこと」
■ 概要
  本研究は,現代の日本人女子大学生が実際に不思議だと感じていることを探索し,彼らにとっての“不思議”の潜在的な構造を明らかにすることを目的とし,20答法を応用した調査法を用いて記述データを収集し,テキストマイニング手法を用いて分析し,頻出キーワードと,それがどのようなクラスタを構成するのか検討した。その結果,“人間の不思議”,“自分の不思議”,“能力・可能性の不思議”など12のクラスタが抽出され,一般的傾向として,現代の日本人女子大学生が,実際には,身近で,普遍的で,自然なことに対して不思議という感覚を覚えることが明らかにされた。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能。

  分担執筆:坂田浩之,川上正浩,小城英子
  共著   大阪樟蔭女子大学人間科学研究紀要   大阪樟蔭女子大学人間科学部   (第8号),91-98頁   2009/01