大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  サカタ ヒロユキ
  坂田 浩之   学芸学部 心理学科   准教授
■ 標題
  (依頼原稿)21世紀の心理学に向かって 京都大学の現状と未来
■ 概要
  これから大学で心理学を専攻することを志望する高校生や大学生,大学院生,研究者,一般読者等の幅広い人々に京都大学で心理学がどのように研究され,教育されているかについての情報を公開し,提供する目的で刊行された書籍である。
著者は,大学・大学院の卒業生の立場から,京都大学において臨床心理学の教育を受けてきた経験の中で実感されたことを語ることで,京都大学における臨床心理学の特徴を浮かび上がらせた。総頁230
担当部分:「京都大学で臨床心理学を学んで」(単著)

  編者:京都大学心理学教官連絡会  分担執筆:芋阪直行,子安増生,北山 忍,山中康裕,松沢哲郎,伊藤良子,岡田康伸,東山紘久,藤原勝紀,皆藤 章,河合俊雄,桑原知子,坂田浩之,他50名
  共著   ナカニシヤ出版   188-189頁   2001/08