大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  カワノ サエコ
  川野 佐江子   学芸学部 化粧ファッション学科   准教授
■ 標題
  「スーツ」を着る身体―近代理性とアンチ近代理性の対峙の場として―
■ 概要
  現代社会における人間の行動や思考には自己以外の存在が深く関わっており,ともすれば自己の存在さえ不確かなものとなるほどの問題を孕んでいる。そうした現代社会と人間の関わりについて,紳士服である「スーツ」を媒体にして研究したものが,本論である。特に,人間が他者とともに在るパブリックな社会の中におかれつつ,その状況と相反する形で創出される個人的欲望(アイデンティティへの希求やエロティシズム)との折り合いの付け方やそれに伴う思考や行動について,スーツを着る身体という場を論じることで新たな展望が臨めないか思考した。基盤となる理論はボードリヤールの消費社会論を用いている。
  単著   立教大学大学院文学研究科比較文明学専攻 修士論文   49頁   2006/03