大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  タカハシ ヨリコ
  高橋 依子   学芸学部 心理学科   教授
■ 標題
  新しい基調に立つアートセラピー
■ 概要
  平成2年8月25日。G.アゲール原著。アートが言語とは異なる象徴の形式であることを理解し、アートセラピーにおいては作品全体として表現された「趣意」を解釈することが必要であると述べた原論文を翻訳して解説したもの。
  単著   臨床描画研究Ⅴ   94-105頁   1990/08