大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  オクダ アキラ
  奥田 亮   学芸学部 心理学科   准教授
■ 標題
  言語連想検査における刺激語の性質と反応時間に関する一考察
■ 概要
  女子大学生237名を対象とした言語連想検査における反応時間について,先行研究と比較した上でその特徴について100の刺激語との関連から分析を行った。その結果ⅰ)反応時間の遅延には,先行研究と同様に情動刺激語が関わっていたが,殊に対人間で生起する否定的評価や自尊感情が強く関連していた,ⅱ)やはり先行研究と同じく抽象名詞が刺激語の場合に反応時間は増大し,具体名詞では減少した,ⅲ)同音異義語を持つ刺激語が反応時間を遅延させる可能性はあるが,むしろそうでない情動刺激語に対して反応が遅れる傾向が認められた。
  単著   大阪樟蔭女子大学大学院人間科学研究科臨床心理学専攻・附属カウンセリングセンター研究紀要   大阪樟蔭女子大学大学院人間科学研究科臨床心理学専攻・附属カウンセリングセンター   (創刊号),31-40頁   2007/03