大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  アンドウ マミ
  安藤 真美   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Rapid and sensitivity method for evaluation of radical-scavenging ability using peroxyl radicals derived from 2,2'- azobis (2-amidinopropane) dihydrochloride and luminol chemiluminescence.
■ 概要
  AAPHをラジカル発生剤としルミノール化学発光反応(CL)と組み合わせたラジカル捕捉能の評価方法(AAPH-CL)を検討した結果,AAPH-CLは実験例の多いDPPH-CLより,迅速かつ高感度で夾雑物質の影響を受けない利点があり,in vitroのラジカル捕捉活性測定法としての汎用化が期待される。
  S. Kitao, K. Fujii, M. Teramoto, K. Harada, M. Ando and Y. Tamura
  共著   Food Sci. Technol. Res.   (11),318-323頁   2005/12