大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  アンドウ マミ
  安藤 真美   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Peroxyl and hydroxyl radical scavenging activities of raw and processed sea urchins measured by chemiluminescence and electron spin resonance methods.
■ 概要
  APH-CL法およびESR法を用いて,水産物のウニおよびその加工品のペルオキシルラジカル捕捉活性能およびヒドロキシルラジカル捕捉活性能を測定し,相関性を検討した。結果として,ヒドロキシルラジカル捕捉活性の方がヒドロキシルラジカル捕捉活性能に比べて強い傾向を示し,両者の相関性は低かった。
  T. Maeda, H. Komoda, A. Tsujimura, T. Ito, T. Shimada, S. Kitao, M. Ando, Y. Tamura, K. Harada
  共著   J. of Clinical Biochemistry and Nutrition   (43, Suppl.1),567-570頁   2008/07