大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  アンドウ マミ
  安藤 真美   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Participation of ATP-related compounds in the change of antioxidant capacity with the deterioration of swordtip squid (Loligo edulis).
■ 概要
  ケンサキイカ(Loligo edulis)肉エキスの抗酸化能を化学発光法(ケミルミネッセンス法)で測定し,同時に鮮度指標のひとつであるK値も測定し、両者の関連性を調べた。その結果,抗酸化能とK値の増減に関連する変化が明らかとなった。またATP関連物質のうちヒポキサンチンの変化が抗酸化能との相関性が高かったが,全体としてATP関連物質の抗酸化能への寄与率は低いものであった。イカ肉の抗酸化能にはATP 関連物質以外の物質の関与が大きいことが示唆された。
  M. Ando, S. Kitao, T. Maeda, M. Watanabe, M. Honda, K. Harada, Y. Tamura
  共著   Journal of Food Biochemistry   33,869-880頁   2008/03