大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  アンドウ マミ
  安藤 真美   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Antioxidative activity of seafood and sauce seasoning measured using the chemiluminescence method. In: Handbook of chemiluminescent methods in oxidative stress assessment.
■ 概要
  AAPH-CL法を用いたペルオキシルラジカル捕捉活性能に関して,そのメカニズムについて概説した。また具体的な食品を用いた測定結果を紹介した。さらにDPPH比色分析法や電子スピン共鳴(ESR)方法によるラジカル捕捉能測定法との比較についてもまとめた。
  M. Ando, K. Harada, T. Maeda, S. Kitao, N. Nagatsuka, K. Nagao and Y. Tamura
  共著   I. Popov and G. Lewin (Eds.), Research Signpost, 2008   393-412頁   2009/02