大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  サンドウ キンヤ
  山東 勤弥   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Trace Elements in Clinical Medicine. (臨床医学における微量元素)
■ 概要
  平成元年9月に第2回人間微量元素研究国際学会学術総会がヒトの疾病と健康維持における必須微量元素の役割について検討するために東京で開催された。総会での384題の発表演題中64題が優秀論文として特別セッションに選ばれた。その論文が本書内に収められている。全504頁
担当部分: Total Parenteral Nutrition Platelet Glutathione Peroxidase Activity in Long-term Total Par-enteral Nutrition with /without Selenium Supplementation.
(中心静脈栄養法 セレン投与時および非投与の長期中心静脈栄養施行中の血小板中グルタチオンペルオキシダーゼ活性について) (共著)
概要:高カロリー輸液(Total parenteral nutrition :TPN)施行時のセレン動態を把握するために,長期TPN施行患者の血液成分のセレン指標をセレン投与前ならびに投与中に測定した。次にセレン投与のon-off studyを行い,各セレン指標の変動を調べ,特に血小板中のグルタチオンペルオキシダーゼ活性の測定の意義を明らかにした。

  編集:Tomita H
執筆:Prasad AS, Tomita H, Chazot G, Broussolle E, Dreosti IE, Kasarskis EJ, Vanaman TC, O'DellBL, Sando K, Nezu R, Takagi Y, Okada A,他135名
分担執筆:Sando K, Nezu R, Takagi Y, Okada A

  共著   Springer-Verlag Tokyo   239-242頁   1990/01