大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  サンドウ キンヤ
  山東 勤弥   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  骨髄移植における血漿アミノ酸値の変動
■ 概要
  骨髄移植症例においては,移植前処置のconditioningとして大量化学療法および放射線全身照射が実施される。この場合,conditioningによる腸管傷害,肝機能障害ならびに侵襲などにより異化亢進が引き起こされ,蛋白アミノ酸代謝への影響が考えられるが,未だ不明な点が多い。本研究では,conditioningが血漿中のアミノ酸動態に及ぼす影響を検討した。その結果,血漿中のシトルリン,タウリン,プロリン濃度とフィッシャー比は有意に低下し,一方血漿中のフェニルアラニン,グルタミン,スレオニン,セリンと芳香族アミノ酸および総アミノ酸濃度は有意に上昇していた。
担当部分:発案・指導をしたので約50%は担当した。

  分担執筆:光田伸行,山東勤弥,李 都相, 浅井俊哉,河江信幸,清水義之, 曹 英樹,岡田 正
  共著   静脈経腸栄養   17巻(3号),45-48頁   2002/07