大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  サンドウ キンヤ
  山東 勤弥   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  在宅静脈栄養施行時のカテーテルトラブルの検討-Hickman-Broviac 型カテーテルと完全皮下埋込式カテーテルの比較-
■ 概要
  在宅静脈栄養施行時のカテーテルトラブルをHickman-Broviac 型と完全皮下埋込式カテーテルの比較検討した。トラブルによるカテーテル抜去は,46回と86回,1,000当たりでは0.91と1.18と完全皮下埋込式カテーテルの方が多かった。原因の内訳はカテーテル敗血症が最も多く,完全皮下埋込式カテーテルでは閉塞や埋込部異常も多かった。
担当部分:発案・指導をしたので約50%は担当した。

  分担執筆:浅井俊哉,山東勤弥,李 都相,清水義之,曹 英樹,和佐勝史,高木洋治,岡田 正
  共著   静脈経腸栄養   17巻(3号),49-52頁   2002/07