大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  サンドウ キンヤ
  山東 勤弥   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  栄養ケアのモニタリング―NSTのスキルアップにむけて 静脈・経腸栄養法のモニタリングのポイント
■ 概要
  モニタリングは栄養管理を行う上で必要不可欠である。モニタリングの目的は,施行されている栄養療法の「合併症を防ぐため」,また栄養管理が長時間施行されている場合の定期的な「動的栄養評価のため」である。
静脈・経腸栄養法におけるモニタリングのポイントをわかりやすく解説している。

  共著   静脈経腸栄養   22巻(2号),5-11,70-84頁   2007/06