大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  サンドウ キンヤ
  山東 勤弥   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Nutrition in the infant Problems and Practical Procedures.(乳児の栄養 問題点と実際の手法)
■ 概要
  乳児は低栄養状態の影響を特に受けやすい。明らかな欠乏症と同様に病気,代謝異常,手術侵襲の結果として低栄養状態が生じる。正確な診断と適切な治療方法が必要である。本書では,栄養と栄養療法のすべての面を網羅し,正確にかつ実際的な方法で提示している。 全447頁
担当部分:Chapter 12: Trace element requirements in artificial support
(第12章:人工栄養法施行時の微量元素所要量) (共著)
概要:小児の人工栄養法(経腸栄養法,静脈栄養法)の施行時の微量元素(鉄,亜鉛,銅,マンガン,ヨウ素)の代謝について述べて,各元素の所要量を提示した。

  編者:Preedy VR, Grimble G, Watson R
分担執筆:Avencena IT, Cleghorn G, Neale G, Watson F, Cronk C,Fung E, Stallings V, Cole TJ, Babbitt RJ, Sando K, Okada A,他52名
分担執筆:Sando K, Okada A

  共著   Greenwich Medical Media Ltd, London   111-120頁   2001/03