大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  サンドウ キンヤ
  山東 勤弥   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Zinc deficient enhances interleukin-1α-induced metallothionein-1 expression in rats. (亜鉛欠乏のインターロイキン-1α誘導メタロチオネイン-1発現への影響)
■ 概要
  亜鉛欠乏が,インターロイキン-1α(IL-1α)で誘導されるメタロチオネイン-1の発現に影響を与えるかどうかを検討した。今回,亜鉛含有量が2mg/kgの亜鉛欠乏餌で飼育して亜鉛欠乏ラットを作成した。IL-1αは2x107単位/kg体重を皮下注で投与し,投与前と投与後3,6,12,24,72時間後に脱血犠死させた。亜鉛欠乏の有無にかかわらず,IL-1αの投与により,血症中亜鉛濃度が低下し,肝臓の亜鉛含有量は増加したが,腎臓と腸管では不変であった。またメタロチオネイン-1のmRANは,肝臓,腎臓,腸管で有意に増加していたが,亜鉛欠乏ラットでは,IL-1αの投与6時間後,肝臓と腎臓で最高値を取った。以上から,亜鉛欠乏は,IL-1αに反応して,メタロチオネイン-1遺伝子の発現にアップレグレーションの影響を与えていることが判明した。
担当部分:一部指導したので約20%は担当した。

  分担執筆:Cui L, Takagi Y, Wasa M,Iiboshi Y, Inoue M, Khan J, Sando K, Nezu R, Okada A
  共著   J. Nutr.   128(7),1092-1098頁   1998/06