大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  サンドウ キンヤ
  山東 勤弥   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  セレン欠乏症
■ 概要
  高カロリー輸液施行時のセレン欠乏症の臨床的な特徴について,詳細に報告症例を分析検討した。臨床症状は,四肢筋肉痛,筋力低下,歩行困難,爪の変化,胸痛,心拡大,不整脈である。心筋変性で死亡した症例は3例あった。高カロリー輸液製剤中のセレン濃度は低いが,発症までの施行期間1カ月から13年と幅広かった。欠乏症で死亡する唯一の微量元素であり,高カロリー輸液施行時にはセレン投与されるべきである。
  単著   臨床医   3巻(11号),86-88頁   1987/11