大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  サンドウ キンヤ
  山東 勤弥   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Bioelectrical impedance analysis (BIA)法による栄養評価の試み
■ 概要
  Bioelectrical impedance analysis (BIA)法は,簡便で非侵襲的にできる栄養評価法のひとつで,身体構成成分の脂肪量・除脂肪量,水分量などがベッドサイドで簡単に算出でき,最近,臨床栄養学の分野で注目されている。今研究では,このBIA法を用いて,健常人と高カロリー輸液施行患者の身体構成成分と従来法による身体計測値との比較を行い,また高カロリー輸液施行時の身体構成成分の変化について検討した。
担当部分:指導下に全体のまとめあげをしたので,全体の90%以上は担当した。

  分担執筆:山東勤弥,根津理一郎,高木洋治,岡田 正
  共著   外科と代謝・栄養   22巻(1号),82-84頁   1988/03