大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Substance P Analogs Containing Homoglutamine at Position 5 and 6. (5および6位にホモグルタミン残基を有するサブスタンス P アナログ)
■ 概要
  Substance P (SP)は,ウシの視床下部から単離・構造決定された 11 アミノ酸残基から成るペプチドアミドである。本論文では SP の5 ,6 位 Gln 残基を Hgn 残基で置換したアナログを,論文 5 で調製したαN,caN位に Boc 基をもつ Hgn 残基を使って合成した。合成ペプチドのモルモット回腸および気管平滑筋収縮活性を検討した結果,活性の上昇が観察された。SP の5 ,6 位アミノ酸の側鎖メチレン基の数と活性の関連性が示唆された。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:Y. UCHIDA, M. NISHIJIMA, T. MORO, N. SAKURA,K. HIROSE, H. KONTANI,T. HASHIMOTO
  共著   Bulletin of the Chemical Society of Japan   59(12),4003-4005頁   1986/12