大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Syntheses and Biological Activities of Neurokinin A Analogs Substituted with Glycine.(グリシン残基で置換したニューロキニン A アナログの合成と生物活性)
■ 概要
  論文 13 において 6 ,8 位 Phe,Gly 残基を Gly ,D-Trp で置換した Neurokinin B (3-10) が Neurokinin B に対し特異的で強いアンタゴニスト活性を示すことが認められた。この知見をもとに,本論文では Neurokinin A に対する特異的アンタゴニストの開発を目的として, N-末端アミノ酸残基を Gly で置換したアナログを合成し, 活性を検討した。その結果,全てのアナログでアゴニスト活性の低下は観察されたものの,アンタゴニスト活性は見られなかった。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:T. HASHIMOTO, K. KUROSAWA,Y. UCHIDA
  共著   Bulletin of the Chemical Society of Japan   60(8),3071-3073頁   1987/08