大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  The Fundamentals of Peptide Synthesis and Their Application to the Peptide Antibiotic, Bactenecin.(ペプチド合成の基礎とペプチド抗生物質バクテネシンへの応用)
■ 概要
  ペプチド合成法は大別して液相法と固相法に分けることができるが,実際にはα-アミノ基の種類および最終脱保護法の違いによる分類のほうがより適当と思われる。本論文では,α-アミノ保護基に Boc 基,最終脱保護に HF を用いる Boc-HF 法, Fmoc および TFA を用いる Fmoc-TFA 法の基本的な原理を述べるとともに,Boc-HF 法の実際例として生理活性ペプチドの合成法を紹介した。
  単著   大阪樟蔭女子大学論集   29,59-70頁   1992/03