大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Antibacterial Activity of Indolicidin and Its Analogs.(インドリシジンおよびアナログの抗菌活性)
■ 概要
  抗菌ペプチド Indolicidin はウシ好中球より単離・構造決定されたペプチドアミドで,免疫に関連したものとして注目されている。本論文では,化学合成した 20 種の Indolicidin フラグメントの抗菌活性を食中毒原因菌である黄色ブドウ球菌,サルモネラ菌,大腸菌,また食品腐敗の原因菌となる巨大菌,霊菌など 10 種の細菌類を用いて検討した。N-末端 8 アミノ酸残基を欠損したアナログでも活性は保持されていたが,C-末端では Arg-Arg-NH2の欠損のみで活性は消失した。また,Indolicidin 分子中の Trp 残基の削除は活性の強い低下を招くことが認められた。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:Y. UCHIDA and M. Shindo
  共著   Peptides   1998,802-803頁   1999/03