大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Structure-Activity of Antibacterial Peptide Indolicidin and Analogs.(抗菌活性ペプチド インドリシジンおよびアナログの構造と活性)
■ 概要
  抗菌ペプチド Indolicidinはウシ好中球に存在するペプチドアミドで,貪食作用により取り込まれた微生物等を攻撃し破壊する作用を有していると考えられている。本論文では, Indolicidinの抗菌活性測定法の検討および化学合成した 13 種のAla置換アナログの抗菌活性を食中毒原因菌である黄色ブドウ球菌,サルモネラ菌,大腸菌,また食品腐敗の原因菌となる巨大菌,霊菌など 10 種の細菌類を用いて検討した。前報の Indolicidin フラグメントの結果と合わせて,Indolicidin分子中のC-末端Arg-Arg- NH2構造および Trp残基の重要性が示唆された。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:Y. UCHIDA, M. Shindo and T. Otani
  共著   Peptide Science   1998,221-224頁   1999/03