大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  The Contribution of the N-Terminal Structure of Polymyxin B Peptides to Antimicrobial and Lipopolysaccharide Binding Activity(ポリミキシン B ペプチドN-末端構造の抗菌活性およびリポポリ多糖結合活性への貢献)
■ 概要
  Bacillus polymyxa の産生する抗生物質であるPolymixin B 類は,N-末端脂肪酸の違いによりB1,B3,B3,B4,B5 および B6 の6種類の混合物であることが知られている。今回の研究では,まず6種のペプチド及びB1 の7位Leu残基をIle残基に置換したアナログを化学合成した。次に B3 のN-端部脂肪酸及びアミノ酸を欠損したアナログ7種類を化学合成し,すべての合成ペプチドの抗菌活性及びLPS結合活性を測定した。その果,LPS結合活性と脂肪酸の構造の間には相関関係は見られなかったが,B3の抗菌活性の発現にはN-端部脂肪酸及び1位,2位アミノ酸残基が重要であることが明らかとなった。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:N. Sakura, T. Itoh, Y. UCHIDA, K. Ohki, K. Okimura, K. Chiba, Y. Sato and H. Sawanishi,
  共著   Bulletin of the Chemical Society of Japan   77(10),1915-1924頁   2004/10