大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Chemical Conversion of Natural Polymyxin B and Colistin to Their N-Terminal Derivatives(天然Polymyxin B および ColistinのN-末端誘導体への化学変換)
■ 概要
  Polymixin B1,B2,B3,B4,B5およびColistinは,共通した C - 端部アミノ酸配列を有している。本研究では,市販 Polymixin B 類およびColistinからの C- 端部ノナペプチドの調製とこれを用いたアナログの合成法を検討した。両ペプチトの側鎖アミノ基をTFA化後,メタンスルフォン酸処理により保護C- 端ノナペプチドを得た。次にこれを出発原料として,N-端部にアセチル基,ミリストイル基およびオクタノイル基等を導入したanalogを合成した。合成analogは,食中毒菌であるサルモネラ菌,大腸菌,緑膿菌に対する抗菌活性およびLPS結合活性を測定した。その結果,本法により得たOctanoyl-Dab-Colistin(2 - 10)は,天然のPolymixin類とほぼ同程度の活性を示すことが明らかとなった。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:K. Okimura, K. Ohki, Y. Sato, K. Ohnishi, Y. UCHIDA, and N. Sakura.
  共著   Bulletin of the Chemical Society of Japan   80(3),543-552頁   2007/03