大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Syntheses of Active Gramicidin S Analogues without Amphiphilic Conformation. Ⅱ(両親媒性構造を持たないグラミシジンS類似体の合成Ⅱ)
■ 概要
  本論文では,論文41および43で報告したGSの新規analogであるcyclo(-Val-Leu-Leu-Orn-Leu-D-Phe-Pro-)2に加えてさらに2種類の14アミノ酸残基からなるGSアナログcyclo(- Val-Orn-Leu-Orn-Leu-D-Phe-Pro-Val-Leu-Leu-Orn-Leu-D-Phe-Pro),cyclo(- Val-Orn-Leu-Leu-Leu-D-Phe-Pro-)2を化学合成し,構造解析および抗菌活性の測定を行った。その結果,GSの抗菌活性の発現にはantiparallelなβシート構造は必要であるが両親媒性構造は必ずしも重要ではないこと,またグラム陰性菌への抗菌活性発現にはOrn残基数が関与していることが明らかとなった。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:M. Tamaki, S. Kikuchi, I. Sasaki, R. Itakura, M. Shindo, and Y. UCHIDA
  共著   Peptide Science   2007,255-256頁   2008/03