大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Reconstitution Experiment for the Existence of a Substance Regulating Germinant Specificity in Bacillus megaterium Spores. ( Bacillus megaterium芽胞の発芽剤調節因子の再構成実験)
■ 概要
  本研究で使用した Bacillus属細菌芽胞は本来 L-Ala タイプの発芽性を示すが,これを水銀剤(PCMB)処理すると D-Glc でも発芽するようになる。さらにこのPCMB-芽胞を尿素処理すると D-Glc 発芽能のみが消失する。そこでこの尿素処理液中の PCMB 結合成分を取りだし,尿素処理 PCMB-芽胞と incubate し PCMB 結合成分を再構築させた再構成芽胞を調製した。この再構成芽胞は,再び D-Glc 発芽能を獲得することが認められた。このことは,細菌芽胞の発芽に関係すると考えられる物質をとらえることができたことを示している。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:Y. UCHIDA, T. Nishihara,T. Ichikawa and M. Kondo
  共著   Microbiology and Immunology   27(7),631-634頁   1983/07