大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Des-Fatty Acyl- Polymyxin B Decapeptide Analogs with Antimicrobial Activity Specifically against Pseudomonas aeruginosa(緑膿菌に特異的な抗菌活性をもつDes-Fatty acyl- polymyxin B decapeptideアナログ)
■ 概要
  論文37において,我々はN-末端部アシル基を持たないPolymixin B(1-10)が強い抗菌活性を有することおよび(2-10)が抗菌活性を失うことを明らかにした。本研究では,論文38に続いてPolymixin B(PMB) の1位Dab残基をDab-Dab-Dab,Arg-Arg-Argなどに置換したアナログを合成し,食中毒菌であるサルモネラ菌,大腸菌,緑膿菌に対する抗菌活性およびLPS結合活性を測定した。その結果,Des-FA-[Dgp1]-PMB(1-10)が緑膿菌に対してPMB自体よりも強い抗菌活性を,また,より強いLPS結合活性を示すことが明らかとなった。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:Y. Sato, N. Katsuma, K. Ohki, K. Okimura, Y. UCHIDA, K. Ohnishi, and N. Sakura.
  共著   Peptide Science   2007,307-308頁   2008/03