大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  Antibacterial Activity of Short Peptides Based on Pleurocidin and Their Interaction with Phospholipid Membranes(プロイロシジン由来短鎖ペプチドの抗菌活性とリン脂質膜との相互作用)
■ 概要
  Pleurocidinは, 25アミノ酸残基からなる抗菌活性ペプチドである(H-Gly-Trp-Gly-Ser-Phe-Phe-Lys-Lys-Ala-Ala-His-Val-Gly-Lys-His-Val-Gly-Lys-Ala-Ala-Leu-Thr-His-Tyr-Leu-OH)。本研究では,C-末端Thr-His-Tyr-Leu残基の削除およびC-末端をアミド化したアナログを化学合成し,Pleurocidinに生じたこれらの構造変化の抗菌活性・溶血活性への影響を検討した。食中毒菌である黄色ブドウ球菌,枯草菌,大腸菌および緑膿菌に対する抗菌活性を測定した結果,合成アナログのうちΔPleⅣ(H-Ala-Ala-Ala-Lys-Ala-Leu-Lys-Lys-Ala-Leu-Lys-Leu-Gly-Lys-Lys-Leu-Ala-Lys-Ala-Ala-Leu-NH2)がPleurocidinよりもやや強い活性を示し,溶血活性も5.8%とPleurocidinと同程度であった。一方合成ペプチドの大腸菌細胞壁や細胞膜への影響を検討した結果,Pleurocidinはこれらの細胞構造の不安定化,透過性の変化により抗菌性を発現していることが示唆された。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:N. Tsuda, Y. Koba, T. Hatakeyama, S. Ando, M. Shindo, Y. UCHIDA, and H. Aoyagi
  共著   Bulletin of the Chemical Society of Japan   81(10),1299-1303頁   2008/10