大阪樟蔭女子大学 教員情報   
     


  ウチダ ヨシキ
  打田 良樹   健康栄養学部 健康栄養学科   教授
■ 標題
  SYNTHESIS OF L-α- AMINO ACID DERIVATIVES WITH ω- AMIDE ACYLATED BY URETHANE TYPE PROTECTING ROUPS AND THE APPLICATION TO PEPTIDE CHEMISTRY. (ω- アミド基をウレタン型保護基でアシル化したL-α-アミノ酸の合成とペプチド化学への応用)
■ 概要
  Asn ,Gln 残基の側鎖アミド基の保護基としては benzhydryl ,benzyl タイプなど比較的利用価値の低いものが知られているのみで,更にその導入方法が限られているなどこれまで様々な問題点を含んでいた。本論文では,現在ペプチド合成において最も汎用されている urethane タイプの保護基を Asn ,Gln 残基の側鎖アミド基へ導入することを試み,これを導入したジアミノ酸の RuO4 酸化という全く新しい方法でこれに成功した。
担当部分:共同研究につき,本人担当部分抽出不可能

  分担執筆:N. SAKURA, K. HlROSE, M. NISHIJIMA, Y. UCHIDAT. HASHIMOTO
  共著   Peptide Chemistry   1984,85-90頁   1985/03